確定申告を行うメリット

皆様の毎月のホステス報酬から、源泉徴収というかたちでおおよその税金が天引きされています。その金額は、毎月の支払金額を基に計算されているため、一年間の税金は確定申告をしないと収め過ぎている場合が多いです。
そこで納め過ぎている場合には、確定申告をすればほとんどの場合税金が戻ってくると考えられます。ただし、お給料から源泉徴収の形で事前に税金を納めていなければ税金が戻ってくることはありません。

手続きの流れ

今すぐ無料相談

会社情報

ご存知ですか? ホステスさんは個人事業主なので、税金がとてもお得な青色申告も可能です。

通常の申告(白色申告)から青色申告に変更すると、報酬から65万円を控除できるので、税率20%で考えると13万円も節税できます。

弊社と青色申告を前提に顧問契約した場合、
毎月1万円(税抜)×12か月 + 決算報酬5万円(※1)の費用を頂きますので、 年間で17万円の費用がかかりますが、同時に13万円の節税効果があるので、 17万円-13万円 = 4万円 !
実は、現状より年間たった4万円の費用で十数万円の税金還付や、 安全・安心も確保できます。

※1 消費税の申告が必要となった場合は7万円

難しいことはよく分からない!!
という方はお気軽にご相談ください。初回のご相談は無料です。 還付申請はいつでもできるので、ご相談お待ちしております。

事例紹介

Sさん 東京都 23歳 年収 1,000万円以上 還付金59万円
なんとなく確定申告をするという義務は分かっていたのですが、確定申告で税金が戻ってくるという認識はなかったのでただ面倒だなぁと申告を躊躇していたところ、知人から紹介頂きました。
先生に教えて頂くまで、ヘアのセット代金や衣装代、タクシー代が経費にできることが知らなかったので本当に助かりました。幸い領収書を捨てずに残していたので、その領収書から経費を算定し、税金計算した結果、なんと59万円の税金が還付となりました!
一昨年も経費をろくに計上せずに税金計算していたために、本来払わないでいい税金を多く支払っているので、当年度中に還付申請を実施する予定です。

よくあるご質問

確定申告とは?

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額(収入-必要経費)とそれに対する所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、ホステス報酬から源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続きです。

領収書がないと税金の還付できないのでしょうか?

そんなことはありません。業種ごとに収入に対する経費の割合は税務署でも把握していますので、還付可能です。

過去に支払った税金の還付申請は、確定申告時期でなくても大丈夫ですか?

はい、翌年の1月1日から5年間いつでも提出することができます。

確定申告はいつから準備すればいいの?

確定申告は、2月16日~3月15日の間に行うことになっています。

次年度も継続してお願いすることは可能ですか?

はい、税務顧問契約させていただきますので、還付申請時よりも更に割安の報酬となります。

準備すべきものは何ですか?

用意いただきたい資料はおおよそ下記の通りです。
・支払調書(働いているお店からもらいます。なければ、毎月の給与明細書)
・源泉徴収票(ホステス以外にお仕事をされている場合)
・ホステスとしてのお仕事をするうえで生じた経費の領収証(例:衣装代、美容代、交通費、打ち合わせや接待に係る費用など)
・生命保険や個人年金等に個人で入っている方は保険会社から送られた控除証明書
・国民年金保険料の控除証明書、国民健康保険の納付書の控えなど金額の分かるもの
・その他ケースに応じて必要となるもの
これらの資料をご持参いただくか郵送いただくだけでOK!

領収書は毎月送らなければいけませんか?

そんなことはありませんが、未処理の領収書が溜まってしまうと、保存不要な領収書まで保存しなくてはならないので、
早めに送っていただいたほうが無難かと思います。

今すぐ無料相談

お問い合わせ希望の方は、こちらから入力して送信ボタンを押してください。

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須